奈良女子高等学校ワークショップ!

みなさんこんにちは!!岡崎です。
高校生のみなさんは夏休み突入ですね☆いかがお過ごしですか??

先日、奈良女子高校のみなさんに大学にお越しいただいて、
キャンパスツアー&ワークショップを開催しました☆

みなさんが大学到着後、午前中はキャンパスツアーに出発!!
まずは在学生や卒業生の作品展示へ。
マンガ、イラスト、アニメーション、ビジュアルデザインなどなど、
たくさんの作品をご覧いただきました。

その後は大学創立25周年の記念のオブジェとしてつくっている舟と陶芸工房へ。

お昼からは、いよいよワークショップのスタートです!!
今回、高校生のみなさんには、3種類の中からどれか1つを選らんでもらって3時間半の
ワークショップを行いました。

ファッションのワークショップは、ポーチの制作。
イラストのワークショップは、豆絵本の制作。
陶芸のワークショップは、タマゴの制作。

ポーチ制作は、ファッション研究室・角南登紀子先生の指導のもと、ミシンをつかってポーチを作り上げていきます。もちろん、なれている生徒さんは手縫いでもOKです☆

まず自分の好きな柄の布を選ぶことろからスタート!!
ミシンを使うのに苦戦しました・・・と言っていた生徒さんもいましたが、
個性豊かなカワイイポーチが完成^_^

豆絵本のワークショップでは、木村貴嗣先生と木村智博先生が指導。
約10ページのオリジナル絵本をつくるために、まずはストーリーを考えていきます。

今回は「ねこのすず」というお話を題材に、絵コンテシートに描いていきます。
生まれたイマジネーションをカタチにしていき、豆絵本を制作していきます。
最後に、装幀をして、ネコの切り絵を入れて、完成です。

陶芸のワークショップは、上田順平先生が指導。
まずは、「うつわ考」というテーマで、オリジナルのウツワをつくっていきます。
当日の新聞を使って、その日オリジナルのウツワをつくります。

その後、陶芸工房に移動して、タマゴをつくるワークショップ。
まずはタマゴのカタドリ。カタドリができたら土を乾かしそこに絵をつけていきます。
つける絵は‘自分のカオ’。みなさんのカオ、可愛かったです。
素焼きしたものは、必ずみなさんの手元に届けますね~

ミシンに苦戦、豆絵本のストーリーに苦悩、土のタマゴのかたどりに苦悶・・・
でも、その経験を経て完成した作品は、きっと素晴らしいものになったことと思います☆

ワークショップを体験いただいたみなさん、ありがとうございました!!
最後にみんなで☆☆

※写真掲載許可をいただいております☆

カテゴリー: イベント   パーマリンク