“摂津高校 工芸ワークショップ”開催しました。

こんにちは。
入試課の太田です。

今回、大阪府立摂津高校さんで本学教員の水上先生による
真鍮丸棒ワイヤーアートのワークショップを開催しました。

2mmの真鍮丸棒に「切る」・「曲げる」・「接着する(ロウ付け)」等の
行為を加えて机上で活用するオブジェの制作です。
このワークショップには3年生(42名)の皆さんに参加頂きました。

最初はどのような形にしようか構想に悩んだり、普段使うことのない
ガスバーナーに少し戸惑っている生徒さんもいらっしゃいました。

しかし時間が経つにつれて生徒の皆さんの表情も柔らかくなり、
気分がどんどん上がってきたのを感じました。

特に今回のワークショップのポイントとなるガスバーナーを使って
真鍮板にオブジェをロウ付けする時の皆さんの真剣な目が
とっても印象的でしたね。

そんな生徒の皆さんの制作を私も少しだけサポートできたことは
嬉しかったです。

指輪を置くオブジェ、ネックレスを掛けるオブジェ、
スマートフォンをたてかけるオブジェ、42名それぞれ別々の
形が出来上がり、個性がしっかり現れた作品になりました。

3年生の皆さん4月からは皆さんそれぞれが別々の進路になりますが、
高校生活の中で出来た素敵な仲間を大切にして、
新しいステージに進んでくださいね!!

皆さん、一杯色んな話をきかせてくれてありがとう!!
とっても楽しい時間でした。

~~~~~~~~~~~~~~~水上先生より一言~~~~~~~~~~~~~~~
皆さん本当に熱心に取り組んでくれて、私も楽しく過ごす事が出来ました。
素晴らしい作品もたくさんあって、チョッとした驚きでもあります。
完成した作品は是非是非、飾ったり活用したりして欲しいと思います。
またこんな機会があるといいなぁ。

文責・写真:宝塚大学入試課・太田徳宏

カテゴリー: いろいろご紹介, イベント, 教職員の活動   パーマリンク