「第2回 づか芸講習会」に参加してきました!!

ブログを見てくださっているみなさん、はじめまして!!
宝塚大学 学生課(兼広報企画室)の若山です☆

今回は5月8日(日)に実施しました造形芸術学部「第2回 づか芸講習会」について
レポートしたいと思います。

今日はなんと!若山が実際にデッサン講習会を受講してきたのです!!
もちろん、初心者です、ハイ。

はじめに簡単な入試紹介や本日講師を務める先生方の紹介等がおこなわれ、いざ実習室へ!
教室に入ると、イーゼルやモチーフ、デッサンに必要な道具一式が参加者分一通り揃えられて
おり、それぞれのレベルに合ったモチーフの前に座っていきます。

モチーフは初心者~経験者まで3種類に分けられており、さらに前回から引き続いての
デッサン、初心者・経験者問わず珍しいモチーフを用いてのデッサン、
木炭を使用してのデッサンなど、全部で6種類用意されていました。

若山は当然初心者向けの「米茄子とトイレットペーパー」をチョイスし、デッサン開始。

構図を決める際の注意点、光の向きとモチーフとの位置関係、鉛筆の削り方、などなど…、
実際にデッサンに入る前から気をつけないといけないことがたくさんあります。
当然のことながら知らないことばかりで、いきなり勉強になりました☆

そして実際にモチーフを描いていくわけですが、
普段何気なく使っているトイレットペーパー、その形をとらえるところから苦戦です。
楕円を描く…なんて難しいのだ…。

初公開!若山のデッサン(途中)、正面からはお見せできません(笑)

そして陰影のつけ方、茄子のツヤ感を出すことの難しさ、言い出せばきりがありませんが、
デッサンの難しさ、奥深さを実感しました。

※注 僕の作品ではありません(笑)

でも講習自体はこんなド素人な僕でも、無茶苦茶楽しかったのです♪
というのも、講師を務めてくださった加藤先生、高垣先生の指導が優しく細やかで、
描いていくのがどんどん楽しくなっていきます☆

講師以外にもサポートでついている助教の先生、在学生スタッフも熱心に指導してくださり、
実習中何度もご指導していただきました。

絵を描くことが楽しくなってくるので、昼食をはさんで合計3時間半にわたる講習も、
あっという間に終わってしまいました!

最後にスイーツをいただきながら全員の作品講評をしてもらい、出来上がった作品に
定着剤を吹き付けて皆さん自分の作品を持って帰られていました。

まだまだ描き足りないくらいの時間でしたが、ホントに貴重な体験をさせていただきました。
講師の先生方、学生スタッフさん、そして受講生の皆さん、ホントにお疲れさまでした。

今回はデッサン講習会にお邪魔しましたが、この他にも色んな講習会が開催されています。

次回の「づか芸講習会」は5月29日(日)になりますので、皆さんも是非参加してみてください☆

づか芸講習会の様子はこちらからもご覧いただけます

カテゴリー: 未分類   パーマリンク