“インフィオラータ ”- 1万本のチューリップを使って小学生と花びらアート-

ブログを見てくださっているみなさんこんにちは。
宝塚大学広報企画室のおかぴです。

きのうから、ゴールデンウィーク突入!
そんなゴールデンウィーク初日の昨日、4月29日(祝日)。
能勢の妙見山にある妙見の水広場にて行われた、
能勢電鉄株式会社主催:「こども自然体験学習」。

本学卒業生がデザインした下絵をもとに、本学学生ならびに
デザインをした卒業生も加わって、小学生と一緒に、1万本の
チューリップの花びらを敷き詰めて2枚の絵を制作しました。

こちらは作成の様子。

制作にあたり、4つのチームに分かれて小学生と一緒に作成しました☆
参加した学生ならびに教員です。

■チームA■田中 幸代:イラスト作成(電車の絵)卒業生、林 明司 1年生
■チームB■田中 亜季:イラスト作成(ハイキングの絵)卒業生、川崎 秀雄 4年生
■チームC■原田 健太 3年生、福田 千晶 1年生
■チームD■宇治川 倫子 3年生、伊藤 莉奈 3年生
■教  員■大河 繁先生、植松 陽一先生、岡田 大貴先生

ハイキングの絵ができあがってきました!


電車の絵も完成です!

とってもステキな2つの作品が出来上がりました。

ちなみに参加した小学生は、
小さなボードに自分の花びらアートもつくったんだそうです。

この花びらアート、妙見の水広場にて、5月3日(火・祝)まで展示されてますので
この機会に、ステキな作品をぜひ、ご覧ください♪

イベントの事や、アクセス方法は、能勢電鉄HPをご覧くださいね☆

あ、ちなみに「インフィォラータ」とは、
イタリア語で、「花を敷き詰める」「花のじゅうたん」という意味。
道路や広場に花で絵を描くイベントです☆

文責:宝塚大学広報企画室・岡崎
※写真は、岡田大貴先生に提供いただきました。

カテゴリー: 教職員の活動, 産官学連携   パーマリンク