づか芸講習会を開催いたしました♪♪その1。

11月17日土曜日、今年度第5回目のづか芸講習会が行われました。

づか芸講習会は、絵を描いたことがない芸術未経験者から経験者まで
様々な方を対象に、芸術を楽しんでもらおうと行っているイベントです。

今回は開催時間中にいくつかの講座を見学してきました。

まずは、作品制作の基本であり、このづか芸講習会一番の人気講座でもある
「デッサンを学ぼう」です。

今回のモチーフは草花とお水の入ったグラス。

このモチーフは前日に先生が大学の裏山で採ってくださったものなんですよ。
グラスに生けたそれぞれ表情の違う草花を観察する表情も真剣でした。

次は、「自分のイメージした服をファッションデザイン画にしてみよう」です。

着用の際に必要であるものが描かれているか、着る人の身になって着用できる洋服を
描いたもの、それがファッションデザイン画の定義です。
「どうやって着るんだろう?」「これはどう見ても着られない!」と不自然に思ってしまう
洋服の絵はファッションデザイン画とは言わないんですね。
着ることができる服を考えながら描くことが大事。

なるほど。勉強になりました。

続いて「劇づくりの楽しさを味わおう」

見学に教室を訪問したときは舞台の設計図制作の真っ最中でした。

私には分からない専門用語が飛び交っていました。
劇づくりは演技をするだけではないということを知れるのもこの講座の魅力の一つですね。

そして、「土笛を作ってみよう」

粘土で土笛を作り、乾燥を経て、自宅でも簡単に焼ける方法を習います。

専用の釜がなくても、この方法なら私でもチャレンジできそうです!

興味のある方はぜひ次回のづか芸講習会を受講ください☆

今回ご紹介した講座は次回、12月15日土曜日に行われる第6回目のづか芸講習会
でも開講されますので、ぜひお申し込みの上ご参加ください。

冬の澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込んで、宝塚キャンパスで芸術家気分を
満喫してみませんか?
教職員一同、皆様のご参加をお待ちしています。

文責:宝塚大学 宝塚キャンパス入試課 荒木
写真:宝塚大学 広報企画室企画課 岡崎

カテゴリー: いろいろご紹介, づか芸講習会, イベント   パーマリンク