きんたくんの力水(ちからみず)。被災地へ、元気が届きますように。

ブログをみてくださってるみなさんこんにちは。
少しおひさしぶりの、宝塚大学広報企画室・おかぴです。

さて、みなさま。
突然ですが、こちら。

そう、お水です。
川西市が初めて製作した、災害備蓄水なんです。
その名も、『きんたくんの力水(ちからみず)』

こちらのラベルのデザインを、本学造形芸術学部4回生の木村亮くん
(産業デザイン学科・ビジュアルデザイン&アドバタイジングコース)が作成いたしました。

作成に携わった木村くんは
『無我夢中でつくりました。震災が起こった今、このデザイン作成に関われた
 事が非常に印象深く思う』
と一言。

ちなみにこの災害備蓄水は3万本が製作され、うち5,000本が、
今回起こった東日本大震災の被災地、宮城県南三陸町へと届けられます。
(25日に川西市を出発します。)
少しでもみなさんに笑顔が戻りますように・・・。

補足ですが、ラベルの下方にいるきんたろうの彼。
彼こそが、『きんたくん』。川西市のキャラクターです。
かわいい。

文責:宝塚大学広報企画室 岡崎

カテゴリー: いろいろご紹介, 産官学連携   パーマリンク