留学生交流イベント”留学生のつどい”を開催しました♪♪

ブログをごらんいただいているみなさん、こんにちは。
宝塚大学広報企画室企画課の岡崎です。

6月29日(金)16:30から、本学食堂において
留学生との交流を目的とした”留学生のつどい”を開催いたしました♪♪

留学生・在学生・教職員を交え和やかな雰囲気のもと“留学生のつどい”は開始。
今回の司会は、大学院生の髙砂太一郎さん(修士1年)がつとめてくれました。

まず最初に、参加者自身の自己紹介を。
そして、ホワイトボードの地図を使って自分の出身地の紹介をしました。
こちらは学務課長が自己紹介をしている様子。


(C)Naoya_Yoshikawa

そののち、留学生たちの故郷・中国のお菓子と日本のお菓子の紹介。
みなさんも見たことがあるかと思いますが、麻花(マーファー)や甘栗。

こちら、高砂くんがチョイスしてくれたお菓子の一部です。
自国のお菓子を食べた留学生たちからは、「懐かしい」という声が聞こえてました~☆

その後、「日本に来てビックリしたことは?」「困ったことは?」などの質問があり、
それぞれエピソードを交えながら話してもらいました。

その中で、ふと餃子の話になりました。
「餃子とラーメンを一緒に食べる文化にビックリしたw(o_o)w」という学生の言葉から。

日本では餃子は「焼き餃子」が主流ですが、中国で餃子といえば「水餃子」。
そして日本で出てくる水餃子のイメージとは全然違うものです、というお話。

身近なものをとっても、新たな発見がありますよね。

これからも、留学生同士、留学生と在学生、また教職員との交流イベントを、
今後も継続的に開催していきたく思っております。
またこのブログでも報告しますね!

文責:宝塚大学広報企画室企画課・岡崎

カテゴリー: 未分類   パーマリンク