イクメンの極意。「お父さんのための育児クラス」に行ってきました。

ブログをご覧いただいているみなさま。
宝塚大学広報企画室企画課・岡崎です。

看護学部のHPにも報告があがっていますが(詳しくはコチラ)
6月23日(土)、大阪梅田キャンパスにて「お父さんのための育児クラス」が開催されました。

このイベント、宝塚大学創立25周年事業イベント応援企画の1つで、
看護学部上山直美先生、野島敬祐先生、美王真紀先生、小神野雅子先生らが
中心となって、0歳児から6歳児くらいのお父さんを対象に、
楽しく育児ができるように、こどもの世話や遊び方などについて学べるように、
と開催されたイベントなのです。

小神野先生は、子どもに起こりやすい事故対策についてのお話を。

上山先生は、子どもの病気の話を。

野島先生は、子どものケガとその対策についてのお話を。
こちらは赤ちゃんの人形を使って、鼻血を出したときの対処法を。
(カワイイですが、本物の赤ちゃんではありません。。)

美王先生は、0歳から6歳ぐらいまでの子どもと上手に遊ぶ方法についてのお話がありました。

みなさんメモをとりつつ、真剣なまなざし。そして、先生方へは多くの質問もありました。
 

「イクメン」とはよく聞くものの、まだまだ一般的ではない。
改めて、育児について、家族について考えてもらえる機会となったのではないでしょうか??
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

ちなみに。私が個人的に気になったもの。

小神野先生が紹介されていた、「チャイルドビジョン」(幼児視界体験メガネ)というもの。
ご存じの方もおられるかも、ですが、児童心理学者ステイナ・サンデルス氏の実験に基づいて
ペーパークラフト・デザイナーの寺田松雄氏によって考案されたものなのです。

子どもの安全を守るのは、大人の役目。
そのためには、子どもの特性を理解することが大切だ、と言われていました。
そして、免疫を育てる体をつくる事も大切、と言われていました。

イクメンの極意。
わたし自身もかなり勉強になった一日でした。
将来、そんな方と巡り合うことを願って・・・・(笑)

文責:宝塚大学広報企画室企画課・岡崎

カテゴリー: 未分類   パーマリンク