“ツムテンカク2012”に“Drop Art Project”が参加しました☆

ブログをご覧いただいているみなさま。
宝塚大学広報企画室企画課の岡崎です。

報告が遅くなりましたが、
先月25日(金)~27日(日)の3日間、新世界で行われた、
“みんなの想いが積み上がる”をテーマ行われた
デザイン&アートイベント『ツムテンカク2012』。

こちらの中、“超(スーパー)★マーケット”に、
本学卒業生グループ“Drop Art Project”が参加しました。

“Drop Art Project”は、以前このブログにも登場した事があります。
そう、去年の学園祭“宝翔祭2011”でもイベントを開催しています。
詳しくは、コチラを・・・

話は本題に戻りますが、
ドロップアートプロジェクトは5月27日(日)にイベント開催。
丸一興業株式会社、bolda事業部からの協賛に加え、
日本ペイント株式会社様のご厚意で、このイベントに使うペンキ
10リットルを提供いただきました。

通天閣のかたちのタワーも。
 

ここに、たくさんの方に、ペンキを落としていただきます。
 

どんどんと色が重なってきました。

会場にいたこの方も!こころよく協力くださいました~(笑)
 

ドロップアートプロジェクトは、自分の落とすペンキの一色が
偶発的につくるかたちに、他の参加者の落とすペンキの色が
重なり合うことで生まれる1つの作品を作り、アートで多くの人との
繋がりを生み出します。
多くの方のご協力で、みんなの笑顔といろんな方々の思いが
重なった、素敵な作品が生まれました!

ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました☆

ツムテンカクが開催された新世界の通天閣は、
今年100周年を迎えるんだそう。
宝塚大学も、今年創立25周年。
これからも、もっともっとみなさんに愛されるように、
このブログでどんどん活動をお伝えしていきたいと思います。

文責:宝塚大学広報企画室企画課・岡崎

カテゴリー: イベント, 学生の活動   パーマリンク