開催まであと2日!“ドロップアートプロジェクト”をご紹介☆from宝翔祭2011

ブログをご覧いただいているみなさん、こんにちは。
宝塚大学広報企画室のおかぴこと岡崎です。
早いもので、宝翔祭2011まで、あと2日となりました☆☆

さてさて、企画課長・若山さんが書かれていたブログの中で、
作品出展枠となる≪道LUCK展(どうらくてん)≫について紹介がありましたが、
おかぴ的目線から、その中で1つ、参加型アートをピックアップしてご紹介。

その名も“ドロップアートプロジェクト”

   

“ドロップアートプロジェクトとは??
このプロジェクトは、自分の落とすペンキの一色が偶発的につくるかたち、
そこへ他の参加者の落とすペンキの色と重なり合うことで生まれる1つのアート作品を、
不特定多数で、共同制作するプロジェクトなんです。
(ドロップアートプロジェクトチーム:山田・N・向後)

このイベント、人と人との«つながり»«絆»を意識したイベントです。
近隣の小学校の児童も参加・協力してくれて、大人から子どもまで、
世代を超えておりなす、一瞬一瞬のアートですので、ぜひ、
人と人との«つながり»«絆»を感じてください(^_^)
開催日は両日。会場は、宝塚キャンパス体育館です。
18日は10時~17時 、19日は10時~15時に開催します。
(※ペンキがなくなり次第終了します)

こちら、ペンキは、『森圓化成株式会社』さん、
強化段ボールは『丸一興業株式会社』さんが、
無償で提供してくださっております。

ほかにも多くのイベントがありますので、
こちら“宝翔祭2011公式サイト”をチェックして下さい!!

文責:宝塚大学広報企画室企画課・岡崎

カテゴリー: イベント, 学生の活動   パーマリンク